薬指のブログ

アラカン主婦の日記

昔の指輪が入らない

残念ながら、若いときに買った指輪はもう入りません。結婚指輪のことです。

左手の薬指のサイズは昔7号でした。結婚指輪は、当時はやりのプラチナと18金のコンビネーションでした。サイズを大きくしようと思いましたが、2つの地金の組み合わせデザインの場合、サイズ変更が出来ないそうです。カットして鋳造し直すことを考えるとそうかと気が付きますが、初めて聞いた時は、しまった!と思いました。

指輪は親戚の宝石店で購入したものです。店主であるおじちゃん(母のいとこ)は何も言ってなかったなあと思いながら、この10年くらいはずっと買い替えようと思っていました。手や腕なんて、作業系の仕事に従事した時に、みるみるたくましくなりましたから、一生同じサイズを使うなんて、無理な話ですよね。

f:id:kusuriyubino:20220126114439j:plain

インコちゃんの頭上、ティアラのようです。わかりますか?

新しく購入した指輪をコザクラインコちゃんの頭に載せてみました。実は私の手に指輪をつけて撮影したけど、しわっぽくて恥ずかしい、

もう無理!!と思ったのですよ、、、(T_T)

よく見ると2個あります。最近新たに購入したのが、上にある10金ピンクゴールドの指輪です。ちっちゃなダイヤ付き。これまたサイズ変更が難しい素材ですが、お値段も気に入ったので買いました。ピンクゴールドは肌に馴染みやすい色合いですね。

楽天のクラシックチェスというお店で買いました。お気に入りのお店です。


f:id:kusuriyubino:20220126142655j:image

細いのを重ね付けしたかったので、イエローゴールドの18金とあわせて2本で丁度いいボリュームだと思います。

使えなくなった7号の結婚指輪は、既に長女のものになっています。若者からみると、デザインが珍しくアンティークでおしゃれだというのです。よく着けていて彼女のファッションリングとなっています。