薬指のブログ

アラカン主婦の日常を綴ります

可愛い日本人形を持ち帰りました 

夫の実家をたたむ為に、大量に物を処分し帰ってきました。あれもこれもどんどん捨てていく中、どうしても廃棄できなかったものを紹介します。

日本人形です。
我が家には娘が2人いて、それぞれの桃の節句時に日本人形を親戚から贈られました。ですから日本人形は2つあります。頂いた時は、なんで人形ばかり来るのかと驚きました。当時マンション住まいで置くスペースがなく、そのうち1つは早々に夫の実家に預けました。帰省した折に、床の間に飾られている姿をチラリと目にする程度で、よく見たこともありませんでした。いざ処分となるとなんだか可哀そうで、しばらく眺めることにしました。すましたお顔にシックな色目の着物姿です。

f:id:kusuriyubino:20211203150442j:plain

その他持ち帰ったものは、テレビ、南無阿弥陀仏と書かれた掛け軸、盆提灯をそれぞれ一つずつ。スナップ写真数点。ご先祖さまたちの写真、肖像画など5点は、額から外してファイルに入れて持ち帰りました。

f:id:kusuriyubino:20211203150514j:plain

ドームに入っているお花はクレイクラフトで、お仏壇の横にお供えされていたものです。義姉作です。姉は手先がとても器用で色んな作品を作っています。とても可愛くて綺麗です。南無阿弥陀仏の書は、法事の時に書家をされている親戚から頂いたものです。素敵ですよね。私は昔からこの書がとても好きでした。
これらは、これからも大切にしていきたいと思っています。