薬指のブログ

アラカン主婦の日常を綴ります

NHKファミリーヒストリーに堤真一さん

NHKファミリーヒストリーを見ました。堤真一さんでした。この番組は時々見ていて、いつもなんとも言えない感動があります。私はテレビドラマをあまり見ないのですが、何故そこに日本人とか、youは何しに日本へなどの番組はよく見ます。平凡な何でもないような人生にも、波乱万丈な人生でも、何かを感じとれます。それがまたいいのです。

今回は堤さんだから見たというのもありましたが、戦前から高度成長期に渡るお父様の人生に思わず涙がでました。この時代に生きたことで、成しえなかったことや出来なかったことも沢山あったようです。息子である堤さんが知らないことが一杯ありました。堤さんの驚いた表情、無念の表情がなんとも言えず印象的でした。

見終えたところで、娘からラインが。なんだか調子が良くないみたいで。何通かやり取りして、彼女からのラインは来なくなりました。もう寝たかなと心配になりながらお風呂へ。こういう時、私の気分は一気に急降下ですが、仕方がないです。

今日は堤家の素敵な歴史に触れたことで、また明日頑張ろうと思えた日でした。