薬指のブログ

アラカン主婦の日記

家族

母とショッピングの予定が断捨離になった

実家の母が、「私、着る服がないの、」と言うので買い物に行くことにしました。すると兄が「いやあ、たくさんあると思うけど、、」と言うので、ひとまずタンスの中の母の洋服を確認してから買いに行くことにしました。 現在の母の部屋は1階の和室です。和ダ…

家族が不調の時、自身のメンタルを保つには

家族が体調不良に陥っているのを見るのは辛いものがあります。何と言葉をかければいいのか迷いますし、良かれと思って言ったことで本人を傷つけてしまうこともあります。ささえるのって難しい。 一番つらいのは不調を訴えている本人ですが、それを長年ささえ…

部屋のチェンジは強行突破

実家に行きました。高齢の両親の2階の部屋と、1階の兄の部屋をチェンジすることになり、大移動のお手伝いです。 昨年夏から、兄家族が帰ってきて両親と同居し始めています。 あれから一年もたっていません。昨年夏の引越のタイミングで、兄が2階の部屋を…

なんの話も笑いにしたい

土日にまた、泊りがけで両親のところに行きました。一緒にお留守番です。私が食事の準備をし一緒に時間を過ごすだけですが、注意が必要なのは、父が一人で出かけてしまわないよう気をつけておくことです。 92歳の父は私に、「何かいるものがあれば、持って…

父の運転免許返納

今週の火曜日19日、夕方のニュースを見ていると、松永拓也さんがテレビに映りました。2019年4月19日に起きた池袋自動車暴走事故の被害者の遺族の方です。あの日から3年が立ちました。この日が事故の日で、慰霊碑を訪れているという内容でした。松…

過去は変えられない、でも救いたい

購読している新聞の「声」の欄に、「どう思いますか、転勤」という題で寄せられた投稿が掲載されていました。転勤への賛否、転勤の思い出、一刻も早く家族の元へと帰りたいという現役の会社員の方もいました。その中に、単身赴任で帰省した父親の枕に顔をう…

じい散歩

実家での話 昼食をとり随分とたった頃、父が黒い斜め掛けバックをテーブルに出してきました。母によると、どこかへ出かけたい様子だと言います。私は父に「散歩に行く?」と尋ねると即座に「うん行く」と答えたので出かけることにしました。キャップの帽子を…

父にGPS

昨日、県内の実父母に会いに行きました。お正月以来です。最近は会う度に顔つきが変わり、認知が進んでいるのがわかります。父92歳、母84歳。 急ぎ行ったのは、父が外出したがって困るということを兄から聞いていたからです。父は元々、お出かけが大好き…

同居人が増える

どうやら4月から、夫と一緒の生活が出来そうです。夫は現在、車で高速を使い2時間くらいのところに単身赴任中。4月に転勤があり、今度は家から通えるところなのです。引継ぎや会議にも呼ばれ、ここに帰る度に次々と荷物が戻ってきます。私は「本当に決まり…

次女ともめる 地雷を踏んだ私

先日次女が我が家にやってきた時のことです。昼食を食べながら、最近見ているドラマとか、読んでる本とかの話題になりました。 次女は、「〇〇〇人さんの書いた本って良い!」と言うので、 私は、「うーん、私はあの人は合わないな。」と言いました。 次女は…

いくつになっても体重を測るのは嫌だ!

先週、お薬が足らなくなると気が付き慌てて病院に行きました。1カ月に1回いつもの薬を貰います。いい歳になった私は、5種類もの薬を飲んでいます。昨年からは、鼻がムズムズしアレルギーを発症してしまったので、アレルギーの治療薬も飲み始めました。何…

義母からもらうおこづかい

玄関に置いている刺繍でできた絵画、義母作です。手先が器用な人だったので、老後は小さな人形製作や刺繍などの趣味に生きました。たぶん老人会の展示会用でしょう、大物の大作が多いです。田舎の実家には大きな額縁のものが数点あって、和室に飾っています…

不仲の両親に孫が教えたこと

私は幼少期から、両親の夫婦喧嘩を見ながら暮らしていました。日々繰り広げられる母から父への小言。元々無口で口下手な父親は、最初は黙って聞いているのですが、止まらない母からの容赦のない攻撃に、怒りをあらわにすることが度々ありました。時には皿が…

子育てに終わりはない

最近、昔のことをよく思い出します。特に親との関係。 私は、割と普通に成長した子供らしい子供だったと思います。うちの親って大したことない、こんなもんなんだと親を見限った記憶があるのは、中学生になった頃でした。心配ごとや悩みなどは友人と話すよう…